ヒルベルト…無限の空間、限りない広がり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むぅ…書くことがナイ
今日あった事書いても、全然つまらない日だったしなぁ…
ってことで前書いたミュージックバトンの中からネタをいだたきっ


俺はかなりラルクが好きなんですが、その中でも特に好きなのが
「the Fourth Avenue Cafe」って曲。
この曲、シングルじゃなくて「True」ってアルバムの中の1曲。
知名度は低いが、ある意味有名な曲。
「るろ剣」に使われてた曲だったんだけど、前のメンバーSAKURAが覚醒剤所持で捕まって、
シングルになるはずがお蔵入りになったのさ。
で、全然そんな事知らなかったんだけど、アルバム「True」を手に入れてはじめて聞いたわけ。
そん時は「いい曲」程度にしか思わなくて…(Trueはいい曲いっぱいだからね)
だけど、ある瞬間から俺の中で特別な曲になった。
それは失恋したとき。
彼女から突然別れを告げられ、ただ呆然とした。
そのまま次の日を向かえ、その日は部活の大会の日。
会場へと向かうバスの中、突然「the Fourth Avenue Cafe」を聴きたくなる。
家に着き、CDを入れてこの曲が流れた瞬間、涙が流れた。
多分「あぁ、俺別れたんだな」と実感したからだと思う。
ただ涙が流れた。
そして、その瞬間から俺の中で特別な曲になった。
彼女は羽ばたいていき
2人の季節は終わりを告げた…

the Fourth Avenue Cafe / L'Arc~en~Ciel
「季節は穏やかに終わりを告げたね
 彩られた記憶に寄せて
 さよなら 愛をくれたあの人は
 この瞳に揺らめいていた

 あと… どれくらいだろう?
 そばに居てくれるのは
 そう… 思いながら時を刻んでいたよ

 寄せては返してく… 波のように
 この心はさらわれて

 今日も街は相も変わらず想い巡らせ
 それぞれに描いてゆく…
 さよなら 愛をくれたあの人は
 遠い空に 恋焦がれて
 この瞳に揺らめいていた

 移りゆく街並に 溜め息はこぼれた」

ちなみに失恋直後の友達にこの曲歌ったら、涙ぐみました。
曰く「その曲いいね。でも歌わないで、泣いちゃうから」だって
にしても、今回のは俺らしくないねぇ。
なんか妙にマジだし、無意味に長いし…
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://oldblood.blog11.fc2.com/tb.php/48-6ff32e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 多次元空間ヨリドリミドリ all rights reserved.
実次元

一夜

  • Author:一夜
  • 一応S50年代生まれの男
    好きなものは…
    ゲーム・ラルク・マンガ
    科学なんかも好きだったり
    食べるんだったらシチューと梨
    現在、専門学生です
    めざせ電子遊戯創造者

最新次元
別次元
接続次元
残存次元
次元数
ブロとも申請フォーム
次元跳躍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。